愛媛新聞ONLINE

2021
1020日()

新聞購読
新規登録
メニュー

松山地方気象台

台風14号、17~18日県内上陸の恐れ

2021年9月16日(木)(愛媛新聞)

 松山地方気象台は16日、東へ進む台風14号について会見し、17日夜遅くから18日未明にかけて県内に最接近し上陸する恐れもあるとして注意を呼びかけた。夜間に風雨が強まるため、早めの避難を促している。

 

 気象台によると、14号は台風としての勢力を保ったまま17~18日に九州北部から瀬戸内、近畿地方へと進む見込み。17日午後6時以降の県内は局地的に非常に激しい雨となる恐れがあり、大雨、洪水、暴風、波浪警報や土砂災害警戒情報が出る可能性がある。今治市など東予西部は、これまでの雨の影響で土壌雨量指数が高まっており、特に土砂災害への警戒が必要。

 

 担当者は「台風の規模が比較的コンパクトなので接近時に急に風が強まる恐れがある。夜間の移動は困難なので不要不急の外出は控えてほしい」と話した。

 

 17日に県内で予想される1時間降水量は多い所で50ミリ。18日正午までに予想される24時間降水量は100~200ミリ。17日に予想される最大風速は陸上18メートル、海上23メートル。最大瞬間風速は陸上30メートル、海上35メートル。

 

 台風が県内に上陸すれば、2017年7月に宇和島市に上陸した台風3号以来となる。

 

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。