愛媛新聞ONLINE

2021
918日()

新聞購読
新規登録
メニュー

今治

しまなみ海道高架からタンクローリーのタンク落下 運転手死亡

2021年9月13日(月)(愛媛新聞)

瀬戸内しまなみ海道の高架から落下したタンク=13日午前11時25分ごろ、今治市阿方

瀬戸内しまなみ海道の高架から落下したタンク=13日午前11時25分ごろ、今治市阿方

 13日午前10時25分ごろ、今治市阿方の瀬戸内しまなみ海道下り線で愛知県の男性会社員(68)の大型タンクローリーが左側側壁に衝突し、高さ約10メートルの高架からタンク部分が落下した。会社員は市内の病院に搬送され、脳挫傷で死亡した。

 

 県警高速隊によると、タンクローリーはしょうゆ約9トンを積んで、愛知県から市内の配送先に向かう途中だった。タンクは県道と市道の交差点近くに落下し、コンクリート片などで周辺の駐車車両約10台に傷が付いた。高速隊は、タンクが事故時の衝撃で台車部分から外れ、高さ約1メートルのコンクリート側壁を乗り越えたとみて調べている。

 

 現場は今治インターチェンジ(IC)の手前約1キロ付近で、中央分離帯のないほぼ直線の片側1車線道路。事故の影響で、今治IC―今治北ICの上下線が13日午後7時20分まで通行止めとなった。

 

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。