愛媛新聞ONLINE

2021
1018日()

新聞購読
新規登録
メニュー

新田高

高校生記者 放送部が活動を継続 6年目へ

2021年7月12日(月)(愛媛新聞ONLINE)

 

 新田高校(松山市)の放送部が、本年度も「発信!高校生記者」の活動に取り組みます。2年生4人、1年生5人の計9人で取材チームを組み、2年生は全員、昨年度の経験者です。7月12日には参加校のトップを切って養成講座を受講しました。

 

 同校の放送部は2016年度にスタートした「えひめ国体・えひめ大会」の高校生記者活動に取り組み、本年度が6年目です。この日は、未経験の1年生を中心に事業内容を説明しました。本年度はスマートフォンを使っての動画撮影などは取りやめ、新聞での記事掲載が柱になります。昨年度は全国総体など活躍の場を失った3年生にスポットを当てた特集面で、同校は卒業まで活動することが伝統になっている柔道部、また別の特集面では新たな歴史を刻むことに奮闘しているラグビー女子を紹介しており、紙面を通して取り組みを説明。同時に愛媛新聞社のスタッフがこれまでの活動を愛媛新聞のサイトやアプリ「●愛顔スポーツ」で紹介していることを伝えました。カメラの取り扱いでも「両脇を締める」「被写体に極力近づく」などの基本もレクチャーしました。

 

 コロナ禍の影響で活動期間が短くなったため、記事は「まず1本」を目標にしており、取り上げるテーマに女子野球部やダンス部があがり、近くテーマ決めをする予定です。最後にメンバーは学校創設者の銅像の前で、紹介チーム写真の撮影に臨みました。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。