愛媛新聞ONLINE

2021
918日()

新聞購読
新規登録
メニュー

全国高校野球・愛媛大会 第14日

準決勝【新田 9-2 川之江】新田、毎回安打でコールド勝ち 川之江、3回反撃も2点止まり

2021年7月26日(月)(愛媛新聞)

【新田―川之江】2回表新田1死一、二塁、入山の2点三塁打で3―0とする=坊っちゃんスタジアム(撮影・末光徹)

【新田―川之江】2回表新田1死一、二塁、入山の2点三塁打で3―0とする=坊っちゃんスタジアム(撮影・末光徹)

<坊っちゃんスタジアム 準決勝>

 

 【評】毎回の13安打で差を広げた新田がコールド勝ち。早々に先制し、二回は1死一、二塁で入山が2点適時三塁打。さらに四回は安打と2四球で満塁とし、古和田の適時打で加点。続く新納が走者一掃の二塁打を放って突き放した。五回は2死一、二塁で近平の適時打、七回は敵失の間に三塁打の長谷川が生還、勢いは衰えなかった。

 

 川之江は追う三回1死から大西、坂下、丹、森実の4連打と鈴木琉の犠飛で2点を返したが届かなかった。

 

◆いいイメージで打てた◆

 

 【新田・新納左翼手】(4安打4打点と活躍)「四番の古和田の後を打つ役目で、チャンスで回ってきた中で勢いを持ってこられて良かった。昨日、本塁打が出てほっとし、いいイメージで打てて調子が上がっている」

 

◆後輩には頑張ってほしい◆

 

 【川之江・鈴木琉主将】(三回に一時1点差に迫る犠飛)「チームのためにも走者をかえそうと打席に立った。(劣勢でも)やってきたことをやり続けようと声を掛けていた。後輩には一番上を目指して頑張ってほしい」

 

    残り:1034文字/全文:1472文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。