愛媛新聞ONLINE

2021
728日()

新聞購読
新規登録
メニュー

松山北高で出前授業

夢の看護師へ命の大切さ学ぶ

2021年7月21日(水)(愛媛新聞)

正しい手指消毒の方法を学ぶ生徒ら=21日午後、松山市文京町(画像の一部を加工しています)

正しい手指消毒の方法を学ぶ生徒ら=21日午後、松山市文京町(画像の一部を加工しています)

 看護の仕事の魅力や命の大切さを伝える出前授業(県看護協会主催)が21日、松山市文京町の松山北高校であり、看護師などを目指す1~3年生約60人が将来について思いを深めた。

 

 松山赤十字病院看護師の浅野光さん(49)が仕事内容や看護師資格取得への進路を説明。「国家試験の合格がゴールではなく、看護師になってからどれだけ自分の成長に向き合っていけるかが大事」とアドバイスし、患者一人一人の状態や思いに合わせた看護のあり方や、余命わずかな患者の希望にいかに寄り添うか模索した経験などを語った。

 

 新型コロナウイルスの感染拡大も踏まえ、医療現場の基本である正しい手指消毒や洗浄の方法も指導。ブラックライトを当てると意外な洗い残しがあることに生徒たちは驚き、爪の間や手首まで丁寧に洗う大切さを学んでいた。

 

    残り:63文字/全文:405文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。