愛媛新聞ONLINE

2021
926日()

新聞購読
新規登録
メニュー

松山海保

海の安全教室で児童らにアドバイス 

2021年7月13日(火)(愛媛新聞)

松山海上保安部職員(左)のアドバイスで靴を履いたままプールに浮かぶ小学生=13日午前、松山市二番町4丁目

松山海上保安部職員(左)のアドバイスで靴を履いたままプールに浮かぶ小学生=13日午前、松山市二番町4丁目

 夏休みを前に子どもたちの水難事故を防止しようと、松山海上保安部は13日、松山市二番町4丁目の番町小学校で海の安全教室を開いた。6年生52人がプールで、沖に流された際に浮いて救助を待つ方法などを学んだ。

 

 海保職員が、身の回りにある靴やペットボトルなど浮力のある物を使った浮き方を実演し「流されたときは服や靴を脱がず脱力して」とこつをアドバイス。海や川には、必ず大人と一緒に行くよう呼び掛けた。

 

 海保は16日までに、市内の8小学校などで安全教室を開く。

 

    残り:106文字/全文:328文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。