愛媛新聞ONLINE

2021
929日()

新聞購読
新規登録
メニュー

J2第22節・11日

愛媛FC3連敗 甲府に0―1 セットプレーから失点、20位に転落

2021年7月12日(月)(愛媛新聞)

【甲府―愛媛FC】後半、相手CKに対応する愛媛FC・茂木(中央)ら=11日、JITリサイクルインクスタジアム

【甲府―愛媛FC】後半、相手CKに対応する愛媛FC・茂木(中央)ら=11日、JITリサイクルインクスタジアム

 明治安田J2第22節は11日、甲府市のJITリサイクルインクスタジアムなどで11試合が行われ、愛媛FCは甲府に0―1で敗れ3連敗。通算成績は4勝6分け12敗(勝ち点18)で順位は20位に下がった。

 

 愛媛FCは前半38分にセットプレーから失点し、追いつけなかった。

 

 愛媛FCは次節、18日午後7時から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで東京Vと対戦する。

 

 【評】愛媛FCは粘り強い守備を続けたが、セットプレーの失点を取り返せなかった。

 

 前半からボールを持たれ、相手の攻撃に対応する時間が続いた。38分にCKから失点。その後はピンチもあったが、岡本の好セーブなどで食い止めた。攻撃はカウンターが中心。藤本や忽那の決定機は相手GKの好守に阻まれた。

 

◆我慢強くやってくれた◆

 

 【愛媛FC・実好監督の話】 試合の入りは良かったが、相手にボールを動かされて、こちらが立ち位置や意識を変えられなかった。だが、選手はそこから我慢強くやってくれた。負けはしたが上積みを感じた。

 

◆失点0は素晴らしい◆

 

 【甲府・伊藤監督の話】 相手の失点の4割くらいがセットプレーなので注意して詰めようとゲームに入った。カウンターを受ける場面もあったが、選手が最後まで失点0で抑えたのは素晴らしかった。GKの河田はMVP。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。