愛媛新聞ONLINE

2021
919日()

新聞購読
新規登録
メニュー

J3第15節・11日

FC今治大敗、14位で折り返し 福島に1-4

2021年7月12日(月)(愛媛新聞)

【福島―FC今治】後半、CKの守備で競り合うFC今治の選手ら=11日、あいづ陸上競技場

【福島―FC今治】後半、CKの守備で競り合うFC今治の選手ら=11日、あいづ陸上競技場

 明治安田J3第15節は11日、福島県あいづ陸上競技場などで4試合を行い、愛媛のFC今治は福島に1-4で敗れて2連敗を喫した。リーグ前半の14試合を終え、通算成績は2勝5分け7敗(勝ち点11)、順位は14位。

 

 FC今治は先制した5分後に失点。その後も失点を重ねた。

 

 福島は首位の富山と勝ち点26で並んだ。熊本は岩手と1-1で引き分け、同24。長野-YS横浜、沼津-宮崎は引き分けた。

 

 J3は約1カ月半の中断期間に入り、FC今治の次節は8月29日午後4時から、ありがとうサービス夢.スタジアムで沼津と対戦する。

 

 【評】FC今治はミスが目立ち、先制点を生かせず大差で敗れた。

 

 前半3分に原田のロングスローからのこぼれ球を丁が決めたものの8分、12分と立て続けに失点して逆転された。後半19分はクリアボールを高い位置で拾われ、追加点を献上。終了間際には修行が味方に投げたボールをカットされ、4点目を奪われた。

 

◆ミス絡みで失点◆

 

 【FC今治・布監督の話】 スコアが示す通りの完敗。ミス絡みで失点して勝機を逃した。フィニッシュの踏ん切りがつかず、反対に福島は遠めからでも狙って得点した。やり切る姿勢や思い切りなどを改善したい。

 

◆連敗できなかった◆

 

 【福島・時崎監督の話】 前節に苦しい負け方をし、連敗はできなかった。ただ、上位につけるチャンスの年に主将とエースを引き抜かれているのが現状。イスマイラが移籍して逆に強くなったと言われるチームにしたい。

 

    残り:658文字/全文:1267文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。