愛媛新聞ONLINE

2021
921日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

松山商業高校野球部

2021年7月6日(火)(愛媛新聞)

 

【まなざし真剣】食い入るような表情で監督の指示を聞くナイン=松山商高

【まなざし真剣】食い入るような表情で監督の指示を聞くナイン=松山商高

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【粘り身上 古豪復活期す】

 昨秋は県ベスト8、今春は4強と成績を伸ばし、9年ぶりにシード入り。春の県大会で挙げた2勝は、ともに終盤に逆転し、1点差で制した。粘り強さを身上に、古豪復活を期す。

 就任2年目の大野監督は、守りに重点を置いたチームづくりを進めてきた。先発が予想される安藤は内角を中心にコーナーに投げ分ける。左腕松崎は鋭いスライダーが武器で、走者を背負っても簡単にはホームを踏ませない。捕手の山本英は声がよく出て、仲間を奮い立たせている。

 攻撃では、春は9番を打っていた主将の平岡が急成長し、中軸に座る。バントなど小技を駆使して次の塁、次の1点をこつこつと奪い、主導権を握る。

 

◆平岡拓朗主将◆

 決してあきらめず、最強の挑戦者として全てを出し切り、21年ぶりの夏の甲子園出場に向け最後まで戦い抜きます。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。