愛媛新聞ONLINE

2021
920日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

聖カタリナ学園高校野球部

2021年7月6日(火)(愛媛新聞)

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【チーム力で夏も聖地へ】

 初出場の選抜大会は初戦敗退したが、春季四国大会では香川1位校をねじ伏せ、チーム力の高さを示した。春夏連続の甲子園出場と聖地での初勝利を目標に置く。

 エース桜井は最速145キロの直球に磨きをかけ、6月以降の練習試合で安定した投球を披露。ほかの投手陣は仲田の球速が上がり、桃原もテンポの良い投球で信頼が増している。右横手投げの堀越、左腕井上も控える。

 打線は序盤から積極的に振っていき、相手投手に圧力をかける。4番川口は不動。厳しいコースを突かれ、四球が増える可能性もあり、高岡や桜井ら前後の打者の活躍がキーとなりそう。好調尾崎がレギュラーに食い込み、チームを活性化させる。

 

◆小沢武門主将◆

 苦しい状況でも全部員の力を結集し、粘り強く戦います。挑戦者として、創部初の夏の甲子園出場を勝ち取ります。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。