愛媛新聞ONLINE

2021
922日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

帝京第五高校野球部

2021年7月5日(月)(愛媛新聞)

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【個々に能力 優勝争いも】

 昨秋、春はともに南予地区予選で苦杯をなめたが、田中―山崎の長身バッテリーを中心に個々に能力はあり、優勝争いを演じる力を秘めている。

 田中は189センチの本格派右腕。投手経験は2年に満たず、調子に波はあるものの、最速145キロの直球は威力十分だ。リードする190センチの山崎は強肩で盗塁阻止率が高い。130キロ台後半の直球と変化球の切れが武器の左腕の小嶋、制球力とマウンド度胸で勝負する右腕菊池にも完投能力があり、連戦に対応できる。

 打線は切り込み役の小嶋、広角に打てて長打力のある小川がチャンスメーカー。4番山崎は好機での勝負強さが光る。不安を抱える守備のミスを減らしていきたい。

 

◆山崎太陽主将◆

 合言葉は下克上。秋、春と悔しい思いをしたので、3年間の思いをぶつけて悔いのない大会にしたいです。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。