愛媛新聞ONLINE

2021
125日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

八幡浜工業高校野球部

2021年7月5日(月)(愛媛新聞)

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【継投武器に初戦突破へ】

 部員15人と、少人数が課題に挙がる一方、1年生の時から公式戦に出場している選手が多いのが強み。継投を武器に初戦突破を目標に掲げる。

 先発の宮崎は制球が持ち味。大崩れすることが少なく、試合をつくることができる。救援の梶谷は左投げ。目先を変えられるほか、力のある直球で打者を押し込む。二遊間は山岡、大本の2年生コンビが務め、安定感が増してきた。

 打線は、1年生の夏からレギュラーの1番山本の出塁率が高く、宮崎や曽根らのクリーンアップでかえしたい。今春はバント失敗が響き、地区予選代表決定戦で惜敗。対外試合のできなかった期間に、守備練習とともに時間を割き、精度が向上した。

 

◆森本悠太主将◆

 新型コロナウイルスの影響で練習時間が限られた中、一人一人が自分のすべきことを考え、実践してきました。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。