愛媛新聞ONLINE

2021
920日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

済美高校野球部

2021年7月4日(日)(愛媛新聞)

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【高いチーム力 長打期待】

 昨秋の公式戦は地区予選敗退。春季県大会はベスト8止まりながら練習量豊富でチーム力は高く、ノーシードから頂点をうかがう。

 打力が看板で、どこからでも長打を期待できる。向田はミート力があり、一発を秘める。山田は打球が鋭く、ヒットゾーンが広い。新田は確実性に課題を残すが、飛ばす力はチーム一。バントやエンドランも絡める。

 投手は有請、樫原の2年生が軸。昨夏も登板した有請はスライダーがいい。樫原は捕手から転向。183センチ、82キロと体格に恵まれ、上位進出の鍵を握りそうだ。3年生捕手の家久が引っ張る。

 守備陣は春季県大会を終え、二塁手を向田、遊撃手を古川聖へと入れ替えた。外野は安定している。

 

◆北内克磨主将◆

 プレー面は、心技体ではなく体心技の順番を意識し「うまく」よりも「強く」を求めて、生活から見直しました。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。