愛媛新聞ONLINE

2021
920日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

伊予農業高校野球部

2021年7月4日(日)(愛媛新聞)

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【守備磨き初戦突破図る】

 限られた練習スペースの中で最大限、守備力を磨き上げてきたチーム。守り勝つ野球で初戦を突破し、勢いに乗りたい。

 遊撃手の田井野と三塁手の宇都宮は守備範囲が広く、プレーが安定している。強肩の捕手堀内、視野が広い中堅手忽那らセンターラインが生命線となる。

 主戦投手の武智は右横手投げ。コントロールに自信を持ち、テンポよく投げ込むことで守備陣にリズムをつくる。球威で押せる中矢、制球に安定感がある忽那らへの継投もポイントになる。

 打線はティー打撃を中心にミート力を高めてきた。リードオフマンの宇都宮、田井野は盗塁も狙える俊足。小技と機動力を生かして得点を狙う。

 

◆浜岡純平主将◆

 「声出せ汗出せ力出せ」がスローガンで、ピンチに踏ん張る守備と、一点を取る小技が持ち味。校歌を響かせます。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。