愛媛新聞ONLINE

2021
925日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

松山北高校野球部

2021年7月3日(土)(愛媛新聞)

 

【おまじない】グラブに込めたおまじない。悔いなく夏を終えられるように=松山北高

【おまじない】グラブに込めたおまじない。悔いなく夏を終えられるように=松山北高

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【対応力武器に後半勝負】

 「打倒私立」を合言葉に上位進出を狙う。試合の中での対応力を武器に後半で勝負をかける。

 序盤は粘り強く試合を進め、後半にエース名越を投入する。名越は変化球のコントロールがよく、カーブやスライダーでカウントを整えられる。安定感のある林、ナックルカーブを操る三好らが先発候補として試合をつくる。

 打線は初球からの積極攻撃が持ち味。俊足のトップバッター玉井来が出塁すれば、長打も小技も期待できる西山がチャンスを広げる。前橋、重見、住田の中軸は、いずれもパワフルで勝負強い。

 主将の重見は、捕手として守備陣を引っ張る存在。内野陣では唯一の3年生玉井来が、ガッツあふれるプレーでチームをもり立てる。

 

◆重見太陽主将◆

 「凡事徹底」をテーマに、技術向上や勝てる組織づくりに力を入れてきた。一戦必勝で甲子園への切符を勝ち取る。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。