愛媛新聞ONLINE

2021
125日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

松山西中等教育学校野球部

2021年7月3日(土)(愛媛新聞)

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【密度濃い練習で底上げ】

 選手は13人と少ないが、ほとんどが中学時代からともに汗を流してきた仲間でチームワーク抜群。紅白戦ができない一方、打撃やノックなど攻守で密度の濃い練習を積み重ねて底上げを図ってきた。

 攻撃はコツコツと後ろにつなぐことを考えており、バントやエンドランなども使って相手を揺さぶる。1年時から先頭打者としてけん引する俊足の木戸がチャンスメーク。長打も期待できる3番浜田と4番宮竹で得点につなげたい。

 エースも務める宮竹は直球を中心に変化球を織り交ぜて打たせて取る。左腕長栄はピンチでも冷静な投球が光る。守備は、ミスで敗戦が続いていたため冬場に重点的に強化。山内、木戸の二遊間を中心に確実な送球に磨きをかける。

 

◆浜田健主将◆

 選手13人、マネジャー2人。デメリットだけでなく、1人当たりで多くの練習ができると前向きに捉えています。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。