愛媛新聞ONLINE

2021
1130日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

東予高校野球部

2021年7月2日(金)(愛媛新聞)

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

 

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【継投視野 打たせて取る】

 3年生が1人と若いチーム。試合経験の不足はあるが、勢いに乗ったときの爆発力が光る。各種数値をデータ化し、ベスト8入りできる力があると分析しているといい、目標に向け練習に打ち込む。

 打線は1番の俊足高田、3番で出塁率の高い神野が柱。ベンチプレス105キロを挙げ、一発のある3年小林が4番に控える。守りは二塁手石壺、中堅手塩崎らを中心に安定している。

 投手陣は制球力で打たせて取る。独特の球筋の左腕四之宮が先発し、相手打線の対応を見て塩崎や青井への継投を視野に入れる。

 個人でできるメニューは各自でこなしており、グラウンドでは実戦練習を重視。状況に応じた走塁に徹底して挑む。

 

◆高田勘太主将◆

 3年生とともにプレーできる時間も残りわずかです。恩返しの気持ちを忘れず、悔いのないようプレーします。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。