愛媛新聞ONLINE

2021
1020日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

新居浜商業高校野球部

2021年7月2日(金)(愛媛新聞)

 

【魂の丸太】上半身も鍛えながら走る「丸太トレーニング」。丸太は折れた太鼓台のかき棒で「新居浜の魂がこもってます」=新居浜商高

【魂の丸太】上半身も鍛えながら走る「丸太トレーニング」。丸太は折れた太鼓台のかき棒で「新居浜の魂がこもってます」=新居浜商高

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

メンバーは予定。〇印は主将、洋数字は学年。2020年の成績は県高野連が独自開催した県夏季大会

【1回戦ヤマ場 守備磨く】

 6月の練習試合は14勝1敗と好調を維持。3年生の多くは1年生から出場し、田井監督は「今年はここ数年で最も力がある」。1回戦の松山聖陵戦をヤマ場とみて、自慢の守備に磨きをかける。

 攻守のキーマンは、出どころが見えにくく重い球を投げる江口。打者としても対応力があり、初対戦でもしっかり打てる。スリークオーターとサイドスローをコントロールよく使い分ける技巧派山口も調子を上げており、先発マウンドに立つ可能性も十分にある。

 打線はどこからでも連打できるのが強み。中でも思い切ったスイングの佐々木、長打力がある伊藤、主将の近藤睦の適時打に期待したい。守備ではグラブさばきが柔らかい小野がチームを支える。

 

◆近藤睦弘主将◆

 皆から応援される野球部を目指して練習してきました。大会開催に感謝し、自分たちらしく自由に大暴れします。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。