愛媛新聞ONLINE

2021
927日()

新聞購読
新規登録
メニュー
応援メッセージを送る

夏の高校野球・愛媛大会

三島高校野球部

2021年7月2日(金)(愛媛新聞)

 

 

 

 

【立ち上がり集中 勝機に】

 「粘り強くついていく」がテーマ。昨年の夏季大会ベスト16を超えるベスト8を目指す。

 上位打線が得点源。1番青木は三振が少なく出塁率が高い。ミートがうまい三好、大西がつなぎ、バットが振れる大久保、合田、大尾で勝負を仕掛けたい。

 投手は昨年大会を経験した主将の大尾が軸。突出した力はないが丁寧なピッチングで制球力があり、四球も少なくなってきた。2番手に勢いがある合田が控える。守備の鍵は遊撃手の2年篠原。二塁手大西と共に練習通りの力を発揮できれば安定感が増す。

 立ち上がりの緩みが課題で、ここで集中できれば力を発揮できる。けがから復帰した吉岡の使いどころも勝敗を左右しそうだ。

 

◆大尾咲太主将◆

 挑戦者として、格上の相手に対しても粘り強く泥くさい野球で勝ちを重ね、県ベスト8をつかみ取ります。

 

 愛媛のスポーツマガジン「E-dge(エッジ)」7・8月号でも、各チームを特集しています。

    LIVEリポート・応援メッセージ

    関連記事

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。