愛媛新聞ONLINE

2021
729日()

新聞購読
新規登録
メニュー

新型コロナワクチン集団接種

空の注射器で高齢女性に誤接種 健康被害確認されず 松前

2021年6月20日(日)(愛媛新聞)

 愛媛県松前町は20日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、誤ってワクチンを充填(じゅうてん)しないまま65歳以上の女性1人に注射したと発表した。健康被害は確認されていないという。

 

 町によると、20日午後3時ごろ、同町筒井の松前公園体育館で医師が女性に注射したところ、違和感に気付いた。医師が健康に問題はないと説明し、謝罪した上で女性の意向を確認し改めて接種した。

 

 ワクチンは、接種室とは別の部屋で原液を生理食塩水で希釈したものをバイアル(瓶)から看護師が注射器に充填。適切に充填されているか別の看護師がチェックしていたが「ワクチン、空気とも透明で分かりづらかったとみられる」(子育て・健康課)という。

 

 原因として、▽空のバイアルから充填▽注射針がワクチンに届いていなかった―などが考えられるとしている。今後はバイアルが空になっていないかを確かめ、接種室での確認も強化する方針。

 

    残り:38文字/全文:425文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。