愛媛新聞ONLINE

2021
727日()

新聞購読
新規登録
メニュー

四国高校選手権開幕

27競技 県勢躍動 ソフトテニス女子団体で聖カタリナ初V

2021年6月19日(土)(愛媛新聞)

【女子団体決勝 新田-生光学園】大将戦、新田・升沢(左)が生光学園・丸山に技を掛ける=高知県立武道館

【女子団体決勝 新田-生光学園】大将戦、新田・升沢(左)が生光学園・丸山に技を掛ける=高知県立武道館

【女子団体決勝 帝京第五―富岡東】帝京第五の次鋒(じほう)梶岡が面を決める=高知県春野体育館

【女子団体決勝 帝京第五―富岡東】帝京第五の次鋒(じほう)梶岡が面を決める=高知県春野体育館

【女子団体決勝 新田―高松北】サーブを放つ新田の阪口(左)。右手前は村田=香川県営テニスコート

【女子団体決勝 新田―高松北】サーブを放つ新田の阪口(左)。右手前は村田=香川県営テニスコート

 四国高校選手権大会は19日、4県の各会場で27競技を行った。愛媛勢は、ソフトテニス女子団体で聖カタリナ学園が初優勝。柔道団体で新田が男子22連覇、女子4連覇を飾った。新田はテニス団体も男女とも3連覇、バドミントン男子団体が4連覇。剣道女子団体で帝京第五が2連覇で頂点に立った。

 

 陸上は女子ハンマー投げの早野美咲(今治明徳)が46メートル79の大会新で制し、弓道男子個人は渡部陸(松山南)が1位だった。

 

 20日も4県の各会場で競技が行われる。

 

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。