愛媛新聞ONLINE

2021
730日()

新聞購読
新規登録
メニュー

利用者に笑顔を配信

友近890さん(今治出身)、福祉施設向けオンラインライブ100施設に

2021年6月14日(月)(愛媛新聞)

友近さんのオンラインライブを楽しむ今治療護園の入所者ら(同園提供)

友近さんのオンラインライブを楽しむ今治療護園の入所者ら(同園提供)

今治療護園向けのオンラインライブで熱唱する友近さん(本人提供)

今治療護園向けのオンラインライブで熱唱する友近さん(本人提供)

画面を通して今治療護園の入所者と交流する友近さん(同園提供)

画面を通して今治療護園の入所者と交流する友近さん(同園提供)

 全国の福祉施設などを巡るライブ活動を10年続けている愛媛県今治市出身の書道家シンガー・ソングライター、友近890(やっくん)さん(42)=栃木県在住=が新型コロナウイルス禍の中、施設と結んでのオンラインライブに取り組んでいる。古里の施設向けに9日に開いたライブで100施設に達した。

 

 新型コロナの影響で家族ともなかなか面会ができない施設の入所者らに笑顔になってもらおうと、2020年9月にオンラインライブを始めた。友近さんにとっても訪問活動が制限されるピンチだったが、IT企業勤務時に培ったノウハウを生かして活路を見いだした。

 

 初めはとまどい、いろいろなトラブルもあった。今も試行錯誤を繰り返しているという。それでもリアルタイムで発信するコンサートは「その瞬間の思いを伝えることができ、みんな自然と笑顔になっている」と成果を強調する。

 

 節目のライブは今治市町谷の障害者支援施設「今治療護園」で開催。「上を向いて歩こう」「幸せなら手をたたこう」など画面越しに友近さんがなじみの曲を熱唱すると、入所者らは笑顔で口ずさんだり手拍子をしたりしていた。

 

    残り:309文字/全文:777文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。