愛媛新聞ONLINE

2021
616日()

新聞購読
新規登録
メニュー

道後REBORNプロジェクト

道後温泉本館で新作プロジェクションマッピング 再生祈る「青の火の鳥」

2021年6月11日(金)(愛媛新聞)

道後温泉本館の北面を彩るプロジェクションマッピングの新作。デジタル花火はミカンがモチーフ=11日午後7時半ごろ、松山市道後湯之町

道後温泉本館の北面を彩るプロジェクションマッピングの新作。デジタル花火はミカンがモチーフ=11日午後7時半ごろ、松山市道後湯之町

 道後温泉と漫画家・故手塚治虫さんの代表作「火の鳥」がコラボレーションしたプロジェクションマッピングの最後の新作上映が11日、松山市道後湯之町の道後温泉本館で始まった。

 

 本館の保存修理工事を観光資源として活用する「道後REBORNプロジェクト」の一環。同プロジェクトの終了に合わせプロジェクションマッピングも8月末まで。

 

 新作では、再生への祈りを込めた「青の火の鳥」と、ミカンをモチーフにしたデジタル花火を組み合わせている。市道後温泉事務所は「訪れる皆さんへの癒やしと、医療従事者などへの感謝、エールのメッセージを伝えたい」としている。

 

 毎日午後6時半~9時半、15分ごとに新作(約2分半)と既存のレギュラープログラム(約3分)を交互に本館北側で上映する。観覧無料。

 

    残り:92文字/全文:421文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。