愛媛新聞ONLINE

2021
724日()

新聞購読
新規登録
メニュー

県高校総体 競技始まる

高校生アスリート2年ぶり晴れ舞台

2021年6月5日(土)(愛媛新聞)

2年ぶりの開催となった県高校総体で躍動する陸上競技の選手=5日午後、松山市上野町(撮影・柳生秀人)

2年ぶりの開催となった県高校総体で躍動する陸上競技の選手=5日午後、松山市上野町(撮影・柳生秀人)

2年ぶりの開催となった県高校総体で躍動する陸上競技の選手=5日午後、松山市上野町(撮影・柳生秀人)

2年ぶりの開催となった県高校総体で躍動する陸上競技の選手=5日午後、松山市上野町(撮影・柳生秀人)

2年ぶりの開催となった県高校総体で躍動する陸上競技の選手=5日午後、松山市上野町(撮影・柳生秀人)

2年ぶりの開催となった県高校総体で躍動する陸上競技の選手=5日午後、松山市上野町(撮影・柳生秀人)

2年ぶりの開催となった県高校総体で躍動する陸上競技の選手=5日午後、松山市上野町(撮影・柳生秀人)

2年ぶりの開催となった県高校総体で躍動する陸上競技の選手=5日午後、松山市上野町(撮影・柳生秀人)

 第75回愛媛県高校総合体育大会の各競技が5日、松山市上野町の県総合運動公園などで本格的に始まった。昨年の第74回大会は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となり、2年ぶりの開催。高校生アスリートは一挙一動に思いを込め、躍動した。

 

 県総体は水泳(19、20日)を除く32競技に県内69校の7444人が参加。松山市坪西町の松山中央公園であったテニス競技では、懸命にボールに食らいつき、ナイスショットが出るとガッツポーズで気持ちを表した。新型コロナ対策のため、入場を制限。チームメートや保護者は大声を控え、拍手で選手を激励した。

 

    残り:3文字/全文:265文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。