愛媛新聞ONLINE

2021
613日()

新聞購読
新規登録
メニュー

外出自粛や時短営業など継続

県が独自の「感染対策期」を31日まで延長

2021年5月10日(月)(愛媛新聞)

新型コロナの感染対策期や時短要請などの延長を正式発表する中村時広知事=10日午後、県庁

新型コロナの感染対策期や時短要請などの延長を正式発表する中村時広知事=10日午後、県庁

 愛媛県は10日、愛媛などを対象にした国による「まん延防止等重点措置」の31日までの延長に合わせ、県独自の最大警戒レベル「感染対策期」(19日まで)も31日まで延長すると発表した。措置区域は松山市から変更しない。県内全域の酒類を提供する飲食店(松山市は全ての飲食店)への時短要請などの各要請を継続。新たに法に基づく要請として10日から県民に、路上や公園などでの集団飲酒の自粛や、入浴設備がある施設の利用者に感染防止策の実践なども求めた。

 

 県庁で臨時会見した中村知事は、1日当たりの感染者数や入院数は、最も多かった時期よりは減っているとした上で「医療への負荷はまだ高い水準。大型連休の影響で感染が再拡大する懸念もあり、強い警戒を続ける必要がある」と理解を求めた。

 

    残り:388文字/全文:716文字

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。