愛媛新聞ONLINE

2021
621日()

新聞購読
新規登録
メニュー

with 愛媛FC

熱と向上心 西岡大志

2021年5月8日(土)(愛媛新聞)

守備だけでなく、セットプレーでは攻撃の起点にもなる西岡大志(中央)=5日、ニンスタ(撮影・和田亮)

守備だけでなく、セットプレーでは攻撃の起点にもなる西岡大志(中央)=5日、ニンスタ(撮影・和田亮)

 試合を重ねるごとに頼もしさを増しているのが、第3節からフル出場を続けるセンターバック西岡大志だ。昨年までの右サイドからポジションは変わったが「チームを勝たせる」という熱い気持ちと向上心は変わらない。

 

 試合中、彼のラインコントロールやコーチングの声がよく聞こえてくる。鋭い縦パスで攻撃のスイッチを入れるシーンも多く「センターバックらしくなってきた」と実好監督。チームが攻撃に力を注げるのも、池田樹雷人と西岡がハイラインを保ち、広大なスペースを守っているから。裏への抜け出しを狙う相手FWに一瞬で状況をひっくり返されるリスクと背中合わせだが、その駆け引きも「楽しみ」と心強い。

 

 先発が続いているが慢心は一切ない。「今は出られていても安泰だとは思っていない。もっともっとよくなる」。無名でプロ入りした時も、ポジション転向後も、向上心と努力で定位置をつかんできたからこそ、現状に満足することはない。

 

 「今の順位に責任を感じているし、一つ一つ上げていくために、自分がチームを変える気持ちでやっている。上位の相手ともやれる力は愛媛には絶対にある。それを証明したい」。上位勢との連戦の締めくくりは古巣の琉球。自身の真価を示す最高の舞台が整った。(石川美咲)

 

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。