愛媛新聞ONLINE

2021
515日()

新聞購読
新規登録
メニュー

新型コロナワクチン

宇和島で離島の消防団員に優先接種 救急業務担う88人に開始

2021年4月26日(月)(愛媛新聞)

離島の消防団員に実施された新型コロナウイルスワクチンの優先接種=26日午後3時ごろ、宇和島市住吉町2丁目

離島の消防団員に実施された新型コロナウイルスワクチンの優先接種=26日午後3時ごろ、宇和島市住吉町2丁目

 愛媛県宇和島市の離島で救急業務に携わる消防団員を対象にした新型コロナウイルスワクチンの優先接種が26日、市内の病院で始まった。嘉島、戸島、日振島の3島の消防団員約110人のうち、希望する88人に接種を予定している。

 

 同市危機管理課によると、離島の消防団員は宇和島地区広域事務組合消防本部からの出動要請を受け、急病人などを陸地まで船で搬送している。国が定めた新型コロナワクチンの優先接種を受ける「医療従事者等」に含まれるため、対象となった。

 

 1回目の接種は27日まで。2回目の接種は約3週間後の実施を予定している。

 

    残り:128文字/全文:382文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。