愛媛新聞ONLINE

2021
515日()

新聞購読
新規登録
メニュー

雇用維持と地場産業化視野に

真珠会社が高級アオノリの陸上養殖に着手 西予市

2021年4月26日(月)(愛媛新聞)

スジアオノリの生育状況などを確認する佐藤真珠専務の佐藤さん(右)と高知大の平岡准教授

スジアオノリの生育状況などを確認する佐藤真珠専務の佐藤さん(右)と高知大の平岡准教授

 

 

 アコヤガイ大量死で愛媛県内真珠業界が苦境にあえぐ中、産業存続と新たな収入源確保に向けて西予市明浜町狩浜の佐藤真珠が、高知大との協力でスジアオノリの養殖に乗り出している。繊細な培養技術を習得し、2020年12月に初出荷。雇用維持と地場産業化を視野に、安定生産のための課題解決に取り組んでいる。

 

 県内では19年夏のアコヤガイ大量死に続き、20年には稚貝の異常死が確認された。新型コロナウイルス感染拡大も影響し、業界は大打撃を受けている。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。