愛媛新聞ONLINE

2021
57日()

新聞購読
新規登録
メニュー

人工股関節全置換手術を実施

大洲記念病院 県内初のロボットアーム導入

2021年4月17日(土)(愛媛新聞)

大洲記念病院が導入した「Mako(メイコー)システム」=10日午前、大洲市徳森

大洲記念病院が導入した「Mako(メイコー)システム」=10日午前、大洲市徳森

人工股関節全置換手術でロボティックアームを使用する清水晃院長(左)=10日午前、大洲市徳森

人工股関節全置換手術でロボティックアームを使用する清水晃院長(左)=10日午前、大洲市徳森

大洲記念病院が導入した「Mako(メイコー)システム」=10日午前、大洲市徳森

大洲記念病院が導入した「Mako(メイコー)システム」=10日午前、大洲市徳森

人工股関節全置換手術でロボティックアームを使用する清水晃院長(左)=10日午前、大洲市徳森

人工股関節全置換手術でロボティックアームを使用する清水晃院長(左)=10日午前、大洲市徳森

 大洲市徳森の大洲記念病院(清水晃院長)はこのほど、人工股関節・膝関節の全置換手術を支援するロボットを県内で初めて導入し、10日にロボットを使用した人工股関節全置換手術を実施した。術前に入力したデータ通りに骨を削ることができるなど、コンピューター制御されたロボットのアームを使用することで、従来より安全かつ正確な手術が可能となった。

 

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。