愛媛新聞ONLINE

2021
422日()

新聞購読
新規登録
メニュー

西予市図書交流館

おすすめ本紹介(4月)

2021年4月8日(木)

 

 

 

 

 

図書館には一般書のほか、児童書、絵本、紙芝居など 

さまざまな資料があります。 

多々ある魅力的な本の中から、毎回何冊かを取り上げご紹介します。 

 

📖新入荷図書(絵本) 

 

・大型えほん 「おやさいどうぞ」 

 

阿部真由美:絵 きのしたけい:作 コクヨ:発 

 

シンプルなしかけがあります。 

野菜の皮を引っ張ると、ぺりっと皮がむけます。 

野菜ごとに、いろいろな切り方の絵を楽しんで、 

おなべに入れて、おいしいカレーとサラダのできあがり。 

「はい、どうぞ」 

みずみずしい野菜と、子どもたちの大好きな「はい、どうぞ」を 

楽しめる大型絵本です。 

「くだものどうぞ」もあります。 

 

~上記以外にも、大型絵本、大型紙芝居等が増えています~ 

 

・「あっごきぶりだ!」 

 

塚本やすし:著 ポプラ社:発 

 

あっごきぶりだ 

家族みんなで楽しい夕食の時間です。 

「あっ!なんかいるよー!」 

そこにいたのは・・・・・・。 

それに立ち向かう「家族愛」。 

悲鳴をあげながらドタバタだけど、ナイスチームワーク。 

一件落着、平穏を取り戻して家族団らん。 

珠玉のゴキブリ・ストーリー。 

 

・「ミツバチたち」 

 

カーステン・ホール:文 イザベル・アルスノー:絵 化学同人:発 

 

文体は詩的でリズミカル。 

ミツバチたちの暮らしや、役割、大切さがよくわかります。 

 

・「世界遺産知床の自然と人とヒグマの暮らし」 

 

伊藤彰浩:写真 伊藤かおり:文 少年写真新聞社:発 

 

ヒグマは観光資源であるとともに、害獣。 

ヒグマの1年の暮らしがわかり、ヒグマと人との距離感、 

共存の難しさもあらためて感じさせられます。 

しっかりした紙質の美しい写真絵本です。 

 

・「やとのいえ」 

 

八尾慶次:作 偕成社:発 

 

やと(谷戸:底の平らな浅い谷)ののどかな農村の家の、 

150年にわたる人々の暮らしとその変化を見つめます。 

自然豊かだった丘陵地がニュータウンへと変貌していく姿が 

精緻な絵で描かれています。巻末に詳しい解説があります 

 

~ほか、いろいろな一般書・児童書が入りました 

 

📖読み継がれる名作紹介 

 

・「嵐が丘」 

 

E・ブロンテ:著 新潮社:発 

 

非常に激しい性格のキャサリンとヒースクリフを中心に 

繰り広げられる物語で、人間の愛情や憎悪が表現されます。 

救いようのない復讐劇と言われますが、恋愛小説、 

心理ホラー、心理サスペンス、コメディ小説でもあります。 

不朽の名作は、時代が変わっても人々の心を捉えて放しません。 

人間の心とか滑稽さとか、葛藤を持ちながら生きることとか、 

普遍的な何かを的確に表していて、私たちの心を打つんで 

しょうかね。 

タイトルの「嵐が丘」、とは名訳です。 

 

 

・「ひかりとおとのかけくらべ」 

 

かこさとし:著 田畑精一:絵 童心社:発 

 

「かこ・さとし かがくの本」シリーズの中の1冊。。 

宇宙や自然、子どもたちの身の周りのさまざまな現象を 

わかりやすく解き明かしてくれる絵本です。 

子どもたちとの豊富な交流の中から、 

どう伝えたらいいかという理論を持つ著者が、 

科学の基本を語りかけてくれます。 

 

 

🌷ロビーにて、 

市民の方や市内小学生の絵手紙作品などを展示しています。 

 

<゜)))彡「新聞紙・ガムテープを使ったこいのぼり」は、 

愛媛新聞掲載記事を参考に作ったものだそうです!! 

 

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。