愛媛新聞ONLINE

2021
422日()

新聞購読
新規登録
メニュー

チーム立て直しへ意欲

愛媛FC・実好新監督 一問一答 一丸となって巻き返す

2021年4月7日(水)(愛媛新聞)

コーチに就任した小笠原侑生氏(右)とともに選手を見守る実好礼忠新監督=7日午前、松山市菅沢町(愛媛FC提供)

コーチに就任した小笠原侑生氏(右)とともに選手を見守る実好礼忠新監督=7日午前、松山市菅沢町(愛媛FC提供)

 愛媛FCの和泉茂徳監督(51)が開幕6戦未勝利の成績不振を理由に辞任した。内部昇格した実好礼忠新監督(48)は7日に開いた会見で、チーム立て直しへの意欲を語った。

 

 

 

 ―オファーを受けて感じたことは。

 

 やるしかない、やってやるぞという気持ちと(和泉前監督を)もっとサポートできたのではという気持ちが交差した。

 

 

 

 ―監督として最初の練習で選手に伝えたことは。

 

 まずは「感情のコントロールをしよう」「喜怒哀楽の怒を取っ払ってくれ」と話した。うまくいかないと要求が強くなり、そこに感情が入って引くに引けなくなることもあった。とにかく明るくプレーしてほしい。今は活気あふれる言動で、みんなで雰囲気をつくり上げることを目指している。

 

 

 

 ―志向するサッカーは。

 

 ボールが走って人が動くサッカー。相手に走り勝つというより、動き勝つ。方向転換ではなく、今までやってきたものにみんなの力を積み上げる形で進んでいきたい。

 

 

 

 ―今季の目標は。

 

 J2残留と、より高い順位を目指すのは今も変わらない。ありきたりな言葉だが、みんなで一つの方向を向けば巻き返しは可能だ。

 

 

 

 ―サポーターへメッセージを。

 

 試合では皆さんの思いを感じている。一緒に喜び合うために、背中をたくさん押してもらいたい。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。