愛媛新聞ONLINE

2021
129日()

新聞購読
新規登録
メニュー

パラアーチェリー

国内最終選考会 永野(今治出身)が初日首位

2021年3月28日(日)(愛媛新聞)

 パラアーチェリーで東京パラリンピックの開催国枠の代表などを争う国内最終選考会が27日、本番会場の東京・夢の島公園アーチェリー場で始まった。144射を終え、女子コンパウンド個人(車いす、立位など)で、今治市出身の永野美穂(大同生命保険)がトップに立った。

 

 28日の最終日に残る72射を行い、合計得点で競う。最大で4種目の4人が代表に内定する。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。