愛媛新聞ONLINE

2021
925日()

新聞購読
新規登録
メニュー

デジタル化推進係を新設

大洲市 4月1日付の人事異動を発表

2021年3月25日(木)(愛媛新聞)

 大洲市は24日、4月1日付の人事異動と機構改革を発表した。異動総数は再任用を含め276人(前年比18人増、異動率39・7%)。西日本豪雨を踏まえて構成していた総務企画部と防災安全部を総務部と総合政策部に再編し、行政デジタル化に向けて企画情報課内にデジタル化推進係を新設する。一部事務組合などへの派遣を含む4月1日の職員総数は677人(19人減)。

 

 企画情報課と復興支援課を所管する総合政策部は、市復興計画をはじめとする各種施策の進捗(しんちょく)管理と総合的な調整を担う。市民生活課に「マイナンバーカード係」を新設し、カードの交付促進に対応する窓口体制を強化する。

 

 保育所や幼稚園の保育所型認定こども園への移行に伴い、大洲こども園と菅田こども園、肱川こども園の3園を開設。規模が大きい園には、園長を補佐する管理職の職員を配置する。

 

 異動内訳は部長級3人(昇任1人)、副部長級1人(1人)、課長級15人(8人)、課長補佐級22人(10人)、専門員級33人(9人)、係長級56人(15人)など。退職者は30人で、再任用が29人。新規採用は15人だった。

 

 

 

 ★大洲市の人事異動(4月1日付)は、E4の人事検索ページ(https://www.ehime-np.co.jp/e4/personnel/)と携帯サイト「愛媛新聞モバイル」にも掲載しています。氏名や役職、部署名などのキーワードで検索することが可能で、知りたい人事情報にすぐにアクセスできます。(掲載期間は1年間です)

 

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。