愛媛新聞ONLINE

2021
1026日()

新聞購読
新規登録
メニュー

センバツ大会出場  聖カタリナ学園高校の横顔

初出場 投手中心に堅い守り

2021年3月18日(木)(愛媛新聞)

春夏通じて甲子園初出場の聖カタリナ学園ナイン

春夏通じて甲子園初出場の聖カタリナ学園ナイン

 昨秋の県大会と四国大会の計7試合で、総失点数は11。投手を中心とした守りの堅さが接戦をものにする原動力となった。

 

 エース桜井は50回2/3を投げ、防御率1・24。最速145キロの直球と切れのあるスライダーの組み合わせが最大の武器で、45三振を奪った。半面、球数がかさんだことを反省材料とし、冬場は体づくりに加え、バットの芯を外して打たせて取る変化の小さな球種の習得に励んだ。

 

 控えの仲田は184センチの長身。四国大会決勝の明徳義塾戦で6回2失点と好投し、自信をつけた。

 

 守備は四国大会の3試合を無失策。内野は遊撃川口、外野は中堅田代が中心となり、緊迫した場面でもほころびを見せなかった。

 

 打線の柱は川口が務める。本来はスピードや選球眼のある1番打者タイプだが、越智監督は新チームで4番に抜てき。長打力や勝負強さを発揮し、期待に応えた。ヒットメーカーの足達、高岡が前を打ち、5番には殊勲打の多い堀越が控える。

 

 昨秋のチーム打率は3割9厘をマークするも、四国大会3試合は計8得点にとどまった。長打力不足の克服に向け、冬はトレーニングに時間をかけた。3月6日に練習試合が解禁されて以降は本塁打が量産されており、成果が表れている。

 

 初戦は秋季東京大会を制した東海大菅生とぶつかる。「ひるむことなく、粘り強く戦っていきたい」と小沢主将は意気込み、初の甲子園での躍進を期している。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。