愛媛新聞ONLINE

2021
511日()

新聞購読
新規登録
メニュー

合格発表は18日

志望校に挑戦 県立高校一般入試始まる

2021年3月11日(木)(愛媛新聞)

緊張した雰囲気の中、試験の注意事項を聞く生徒=11日午前、松山市文京町

緊張した雰囲気の中、試験の注意事項を聞く生徒=11日午前、松山市文京町

 2021年度の愛媛県立高校一般入試が11日、全日制52校(分校含む)と定時制10校で始まった。初日は国語と作文、理科、社会に受験生が挑んだ。試験は12日まで。合格発表は18日。

 

 松山市文京町の松山北高では普通科の定員360人(うち推薦入学確約済み57人)に対し約430人が受験。ドアを開けて換気扇を回すなど、感染対策をした試験会場に入った生徒は緊張した面持ちで試験時間を待っていた。

 

 県教育委員会によると、全日制の志願者は推薦内定者を含め7554人で、総定員9145人に対する倍率は過去最低の0.83倍。定時制は66人が志願し、倍率は0.15倍だった。今年は換気などのため、教科間などの休憩時間を5分延長して実施した。

 

 12日は数学と英語、面接などを行う。新型コロナに感染するなどして受験できなかった生徒の追試は24日(予備日25日)で、追試実施校は合格発表を26日に変更する。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。