愛媛新聞ONLINE

2021
418日()

新聞購読
新規登録
メニュー

愛媛MP

伊藤(前阪神)快音お預け 九州L大分と交流戦

2021年3月11日(木)(愛媛新聞)

大分B―リングスとの交流戦で、実戦初出場した愛媛MP・伊藤=宇和球場

大分B―リングスとの交流戦で、実戦初出場した愛媛MP・伊藤=宇和球場

 愛媛マンダリンパイレーツ(MP)は10日、宇和球場で九州独立リーグの大分B―リングスと交流戦を行い、野手コーチ兼任の伊藤隼太=前阪神=が入団後初めての実戦に臨んだ。2番レフトでスタメン出場し、3打数無安打に終わった。

 

 内訳は二ゴロ併殺打と左飛、中飛。守りではポジショニングなどの指示を飛ばし、打球は無難に処理。五回を終え、途中交代した。

 

 試合後、伊藤は「ヒットが出ればよかったが、まずは試合に出られ、守備にもつけたことがプラス材料」と前向き。打撃状態は悪くないとし「27日の開幕戦に向け、実戦を重ねて上げていきたい」と話した。

 

 試合は大山航平、西原凜の適時打で中盤まで3―1とリードしたが、3失策を記録するなど守備の乱れもあり、3―8で敗れた。

 

 大分B―リングスは2020年11月に設立された九州独立プロ野球機構に参入。愛媛MPは四国アイランドリーグplus(IL)開幕後の5月と7月にも九州で練習試合を行う予定。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。