愛媛新聞ONLINE

2021
416日()

新聞購読
新規登録
メニュー

新たな波 2021FC今治新戦力

<2>FW 東家聡樹(23)=前福岡 スピードと決定力 武器

2021年3月8日(月)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 J1福岡の育成組織で6年間を過ごし昨年、大卒で入団。クラブからは契約更新を打診されたが「もう若くない。多くの試合に出て成長したい」と今治への期限付き移籍を志願した。

 

 中京大4年時は、東海学生1部リーグの前期だけで17点を挙げて得点王に輝いた。昨季はJ2で13試合に出場したが、主にサイドハーフの交代要員。守備での貢献も求められ、ゴールへの意識が薄らぐ自分に大きな危機感を覚えていたという。

 

 ファンから「東家ゾーン」と呼ばれる得意な形がある。ゴールに対して斜め45度のカットイン。右からは右足で、左からは左足で打ち抜く。「普通とは逆の足を使う。独特のリズムがあってGKが止めにくい」と絶対的な自信を持つ。

 

 武器はスピードと決定力。「FC今治では苦手だったヘッドでも決めていく」

 

    キーワードで関連記事を検索できます

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。