愛媛新聞ONLINE

2021
416日()

新聞購読
新規登録
メニュー

新たな波 2021FC今治新戦力

<1>MF 宮尾孝一(27)=前YS横浜 長短のパス FKも自信

2021年3月8日(月)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 プロ5年目の昨季、全試合出場、5ゴールとキャリアハイを記録した。即戦力としての期待は高いが、「まずは夢スタのピッチに立つこと。ファンにプレーする姿を見せたい」と開幕を見据える。

 

 桐蔭横浜大から2016年にYS横浜に入団。19年からは主将も務めたが、「環境を変えることが成長につながる」と移籍を決断。昨季の対戦で「チームの団結力やファンの期待値の高さを肌で感じた」という今治で新たな一歩を踏み出した。

 

 長短のパスや、直接ゴールを狙えるFKにも自信を持つ。中盤は楠美圭史、橋本英郎ら実力者がそろい、競争は激しいが「自分自身に矢印を向けて、持ち味を発揮したい」。

 

 自身の会員制交流サイト(SNS)では「共闘」の言葉を多用する。「チーム、ファンが一丸となることが勝利につながる」と飛躍を期す。

 

    キーワードで関連記事を検索できます

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。