愛媛新聞ONLINE

2021
511日()

新聞購読
新規登録
メニュー

えひめくらし安全ナビ

<転売ビジネス>高額サポート料 要注意 

2021年3月5日(金)(愛媛新聞)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響による収入の減少や将来への不安などから、副業やお小遣い稼ぎとして転売ビジネスを始めたものの、思ったような収入が得られないといった相談が全国の消費生活センターに寄せられています。特に20代からの相談が増えており、「簡単にもうかる」といったうまい話には注意が必要です。

 

 【相談事例】

 

 インターネットで「安く仕入れた商品をフリマサイトで高値で転売する」という副業を紹介する事業者を見つけた。もうからなかったときの返金保証や事業者のサポートがある50万円のコースを契約し支払った。フリマサイトに出品したが利益が出ないため返金を求めたところ「あなたは返金保証の対象ではない」と言われた。

 

 動画配信サイトで転売ビジネスを紹介する動画を見て配信者に連絡したら、「学生でも月に40万円稼げる」「入会するとビジネスの方法や手順が入った電子データを受け取れ、1年間のサポートが受けられる」と言われ40万円支払った。後日、電子データを見るとフリマサイトで禁止されている無在庫転売(在庫を持たない転売)の内容だった。

 

 【アドバイス】

 

 広告は共通して時間、労力、費用などのコストをかけずに誰でも簡単に高収入が得られると強調する内容で、詳しい話を聞こうと事業者に連絡すると高額なサポート料などの話をされます。

 

 転売ビジネスを始める方法や手順が記載されている情報商材の内容は、利用者の体験談や一般的な手順などであり、どのような商品を仕入れればよいか、どのように商品を紹介すれば売れるかなどの具体的な方法は書かれていません。フリマサイトの利用規約で禁止されている無在庫転売を指示されるなど、内容に問題がある場合もあります。

 

 解約や返金を申し出たら電話に出なくなる、相手の会員制交流サイト(SNS=ソーシャル・ネットワーク・サービス)のアカウントしか分からず、返信も途絶えるなど連絡が取れなくなる場合もあります。

 

 転売ビジネスを始めるために高額な費用が必要と言われたら要注意です。すぐに元が取れるなどと説明されても安易に信用せず、必要がなければきっぱり断りましょう。

 

 困ったときや不安を感じた場合は、最寄りの消費生活相談窓口にご相談ください。

 

 ◇    ◇

 

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県消費生活センター(松山市山越町)への来所による相談は(下記の相談専用電話番号での)予約制となっている。

 

…………………………

 

相談専用電話089(925)3700 午前9時~午後5時 (水曜は午後7時まで、土・日・祝日は休み)

 

消費者ホットライン 188(最寄りの相談窓口につながる)

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。