愛媛新聞ONLINE

2021
422日()

新聞購読
新規登録
メニュー

県議会代表質問・横田弘之氏(愛媛維新)

かんきつ復興 高収益園地 今夏着工へ 知事、先行の宇和島・玉津地区

2021年3月4日(木)(愛媛新聞)

横田弘之氏(愛媛維新)

横田弘之氏(愛媛維新)

 2月定例県議会は3日、代表質問を続け、横田弘之(愛媛維新)石川稔(リベラル)両氏が、西日本豪雨で被災したかんきつ産地の復興やSDGs(持続可能な開発目標)推進への取り組みなどを取り上げた。4日は一般質問に入り、三宅浩正(自民)松下行吉(志士)梶谷大治(愛媛維新)の3氏が登壇する。

 

 

 

 ―西日本豪雨で被災した南予のかんきつ産地の復旧復興に向けた取り組みは。

 

 【中村時広知事】モノレールなどの施設はおおむね復旧が完了し、改良復旧の園地の一部で苗木の定植を行うなど、着実に歩みを進めている。生産性の高い園地への再編復旧では、先行する宇和島市吉田町玉津地区で7月ごろ、本格工事に着手できる見込み。ハウス施設や(水やりと施肥を自動で行う)マルチドリップ栽培など先進技術の導入を進め、意欲ある農家の知恵や工夫も取り入れながら、被災前より高収益を生む園地へ進化させたい。

 

 

 

 ―脱炭素社会の実現や気候変動への対応などの地球温暖化対策は。

 

 【岸本憲彦県民環境部長】2021年度は企業などが脱炭素社会の実現に向けた活動を表明するアクション宣言制度を創設するほか、水素ステーションの整備による燃料電池自動車の普及促進に取り組む。

 

 県民アンケートでは、自然災害や熱中症の増加に7割以上が不安を感じていることが明らかになった。県気候変動適応センターを中核に、かんきつ類と自然災害に焦点を当てた影響調査や適応策の検討のほか、地域ごとの暑さ対策や熱中症予防に向けたデータ収集、分析、将来予測を行う。

 

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。