愛媛新聞ONLINE

2021
410日()

新聞購読
新規登録
メニュー

コロナワクチン方針

東温市と上島町は集団接種 鬼北町は個別併用

2021年3月3日(水)(愛媛新聞)

 新型コロナウイルスワクチン接種について東温市と上島町は集団接種、鬼北町は集団接種と個別接種の両方法で行う方針を決めた。

 

 東温市は市中央と川内の両公民館を会場に、高齢者への優先接種を4月1日以降に開始すると想定している。集団接種の理由について市は取材に対し「3密を避け、ワクチンの適切な保管に対応する。個別接種の場合、小規模なクリニックなどでは密を避けると1日の接種人数が限られ、ワクチンの輸送や管理の面でも負担やロスが生じると予想される」と説明した。

 

 上島町は2日、各地区での集団接種をそれぞれの地区の医療機関の医師が担当する。高齢者施設の入所者や訪問診療の受診者は、施設医や主治医が行う。開始は4月で、3月中旬ごろに65歳以上の町民へ接種券を郵送する予定。

 

 鬼北町は集団接種を土日に小学校区単位で体育館などで実施する予定。個別接種は町内の8医療機関で診療時間内に対応する。3月定例議会に提出する一般会計補正予算案に庁内へのコールセンター設置費を盛り込んでおり、予約専用ダイヤルの月内開設を目指す。接種開始のめどが立てば受け付けを開始する。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。