愛媛新聞ONLINE

2021
411日()

新聞購読
新規登録
メニュー

県議会代表質問・渡部浩氏(自民)

ワクチン接種へ準備 着実に進む 知事、供給量は政府動向注視

2021年3月3日(水)(愛媛新聞)

渡部浩氏(自民)

渡部浩氏(自民)

 2月定例県議会は2日、質問戦に入り、代表質問で渡部浩(自民)中畑保一(志士)両氏が新型コロナウイルスワクチン接種の準備状況や県立学校振興計画の進捗(しんちょく)状況などを尋ねた。3日は横田弘之(愛媛維新)石川稔(リベラル)両氏が登壇する。

 

 

 

 ―新型コロナワクチン接種の準備状況は。

 

 【中村時広知事】(2月28日の)伊予市の訓練では接種時の服装や接種後の注意事項などの広報に関する課題とともに現時点で可能な準備が着実に進められているのを実感した。一方、6月末までに医療従事者らと高齢者向けのワクチンが全量供給できる見通しとする厚生労働相の発言はあくまでEUの輸出承認が前提で、引き続き政府の動向を注視する必要がある。

 

 当面の供給量は限られ、市町や医師会などと配分や接種の方針を協議して進める。医療従事者らや高齢者向け以外の供給は依然として不透明で、国にワクチンの早期確保や丁寧な説明などを強く求めていく。

 

 

 

 ―しまなみ海道地域振興ビジョンの内容は。

 

 【中村知事】次の10年で目指すべき姿として愛媛側エリアを中心にサイクルツーリズムを深化させ、世界ブランドに発展させることを掲げる。「クラウンブリッジ」(来島海峡大橋の愛称)に焦点を当てたVR(仮想現実)体験やモニターツアー、塔頂体験やクルージングを組み合わせた体験型商品を本格的に売り込む。海外の著名な橋との姉妹橋協定も検討。来訪者の手荷物の当日配送、松山間でのレンタサイクル乗り捨てシムテムの実験にも取り組むなど、世界に通用する滞在型観光交流エリアに発展させる。

 

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。