愛媛新聞ONLINE

2021
411日()

新聞購読
新規登録
メニュー

県内の自治体による訓練は初

ワクチン接種訓練、集団接種を想定 伊予市

2021年2月28日(日)(愛媛新聞)

新型コロナ感染症ワクチンの集団接種の手順などを確認した訓練=28日午前、伊予市尾崎

新型コロナ感染症ワクチンの集団接種の手順などを確認した訓練=28日午前、伊予市尾崎

 新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種開始に備え、伊予市は28日、同市尾崎の市保健センターを会場に医療従事者や住民への集団接種を想定した訓練を実施した。県内の自治体による訓練は初めてで、市や県、他市町職員、医療関係者ら約140人が円滑な運営への工夫や課題を確認した。

 

 県が協力し開催。市職員や視察に訪れた他市町の職員ら計50人が住民役となり、受け付けから経過観察までを1人25分で終えるタイムスケジュールで実施した。

 

 住民役の職員らは2グループに分かれ来場。基礎疾患や体調を記入した予診票を基に医師の診察を受け、模擬の接種、15分間の経過観察へと進んだ。重いアレルギー反応のアナフィラキシー症状の発生も想定し、救急搬送までの流れを確かめた。

 

 市は他県の訓練結果も参考に診察室を複数設け、注意が必要な人の予診票に付箋を貼るなど工夫。おおむね想定時間内で終えたが、一部で混雑が起きる課題も見えた。

 

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。