愛媛新聞ONLINE

2021
38日()

新聞購読
新規登録
メニュー

発熱や倦怠感訴え

ワクチン先行接種 2人に軽い副反応 愛媛労災病院

2021年2月23日(火)(愛媛新聞)

 愛媛労災病院(新居浜市南小松原町)は22日、医療従事者を対象に実施した新型コロナウイルスワクチンの先行接種で、接種翌日に男性職員2人に発熱など軽度の副反応が出たことを明らかにした。

 

 病院によると2人は30代と50代。19日に接種を受け、20日に2人とも38・5度の熱が出た。50代職員は21日に熱が下がり22日は出勤したが、30代職員は倦怠(けんたい)感を訴え、22日も休んでいる。病院は、いずれの副反応も国に報告する水準ではなく、19日に接種を受けた他の58人に副反応は出ていないと説明している。

 

 同病院は先行接種の県内唯一の対象施設。職員約350人のうち同意を得た約200人が26日までに1回目の接種を予定している。22日にも36人が接種を受け、同日午後8時時点では顕著な副反応は出ていない。

 

 病院は先行接種は「予定通り実施する」と話している。

 

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。