愛媛新聞ONLINE

2021
227日()

新聞購読
新規登録
メニュー

広がる困窮 コロナで重要度増す

八幡浜市社協「フードドライブ」 制度のはざま、命つなぐ

2021年2月22日(月)(愛媛新聞)

「フードドライブの支援が必要な人は増えている」と食料提供を呼び掛ける八幡浜市社会福祉協議会の職員=9日午後、八幡浜市松柏

「フードドライブの支援が必要な人は増えている」と食料提供を呼び掛ける八幡浜市社会福祉協議会の職員=9日午後、八幡浜市松柏

 愛媛県八幡浜市社会福祉協議会が2018年から独自に実施している、一般家庭や職場から余った食品を募って支援が必要な家庭に寄付する「フードドライブ」。新型コロナウイルスの影響で経済的困窮が広がる中、収入が途絶えた市民らの命をつないでいる。コロナ収束が見えない中で困窮者支援の取り組みがさらに重要となっており、市社協は「支援が必要な人は増えている。食品提供に協力してほしい」と呼び掛けている。

 

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。