愛媛新聞ONLINE

2021
410日()

新聞購読
新規登録
メニュー

FC今治 昇格へ一丸

サポーターら市内に応援のぼり130本設置

2021年2月21日(日)(愛媛新聞)

FC今治の応援のぼりを取り付けるサポーターの親子=20日、今治市常盤町4丁目

FC今治の応援のぼりを取り付けるサポーターの親子=20日、今治市常盤町4丁目

 サッカーJ3開幕を前に、FC今治のJ2昇格への挑戦を今治市民一丸で盛り上げようと、サポーターら約40人が20日、市内中心部に応援のぼり約130本を設置した。

 

 高さ約2・5メートルののぼりには「共に進もう 荒波の先へ」の文字が書かれ、群青、黄、白のチームカラーを使って波打つ大海から太陽光がのぞく姿をデザイン。昇格を目指すチームの意気込みと先行きの見えない新型コロナウイルス終息への願いを、試練の先の「夜明け」になぞらえたという。

 

 参加者は、芝っち広場(今治市常盤町4丁目)や市役所周辺など4カ所にのぼりを立てた。2歳の時から観戦する保育所年中の女児(5)=同市高橋=は強風の中、小さな手で懸命に棒を固定する作業を手伝い、「試合に勝ってほしい」と笑顔を見せた。

 

 FC今治のホーム開幕戦は3月14日午後1時から、ありがとうサービス.夢スタジアム(高橋ふれあいの丘)で熊本と戦う。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。