愛媛新聞ONLINE

2021
411日()

新聞購読
新規登録
メニュー

一般入試は3月11、12日

県立高推薦入試 1454人の合格内定

2021年2月19日(金)(愛媛新聞)

 県教育委員会は18日、2021年度の県立高校推薦入試で1454人の合格が内定したと発表した。総定員9145人(前年度比40人減)に占める内定者の割合は15・9%(1・0ポイント減)。志願者は1918人で倍率は1・32倍(0・01ポイント減)だった。

 

 推薦入学の募集人員は、普通科と理数科、国際文理科が定員の5~15%程度、職業学科と総合学科が20~30%程度で各校が決める。

 

 普通科で内定者数が多いのは、松山北本校と松山中央の各57人。職業学科は松山商の流通経済と情報ビジネスの各36人、総合学科は新居浜南の37人が最多だった。

 

 不合格者は3月11、12日の一般入試を受験できる。

 

 

 

 

 

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。