愛媛新聞ONLINE

2021
614日()

新聞購読
新規登録
メニュー

国際交流 読んで学んで

柔道普及で教科書に登場の松下さん(松山のNPO理事長) 西予市に著書寄贈

2021年2月7日(日)(愛媛新聞)

国際交流の経験をつづった著書を松川教育長(左)に贈る松下さん

国際交流の経験をつづった著書を松川教育長(左)に贈る松下さん

松下さんが登場する小学5年生向けの英語の教科書

松下さんが登場する小学5年生向けの英語の教科書

国際交流の経験をつづった著書を松川教育長(左)に贈る松下さん

国際交流の経験をつづった著書を松川教育長(左)に贈る松下さん

松下さんが登場する小学5年生向けの英語の教科書

松下さんが登場する小学5年生向けの英語の教科書

 NPO法人「国際交流支援協会」(松山市)の松下文治理事長(73)がこのほど、アフリカでの柔道指導経験を基にした著書「ムリバンジ!太陽の国」18冊を西予市教育委員会に寄贈した。市内の小中学校や図書館などに配布される予定。

 

 松下さんは1970年から2年間、青年海外協力隊員としてザンビアで柔道を教えた。帰国後も国際交流に取り組み、86年にザンビアでつづった日記を基にした著書を出版。活動が注目され、2020年度から小学5年の英語教科書(開隆堂出版)に「ヒーロー」の例として取り上げられている。

 

 教科書に載ったのを機に、松下さんは著書を千冊増刷した。西予国際交流協会の講座で講師を長年務めるなどの縁がある西予市や出身地の久万高原町、英語教科書を採択した県内市町などに贈ることにした。

 

 松下さんは1月28日、西予市役所を訪れ、松川伸二教育長に著書を手渡した。「子どもたちには置かれた環境にかかわらず、夢をどう実現するか考えて思い切り生きてほしい」と話していた。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。