愛媛新聞ONLINE

2021
612日()

新聞購読
新規登録
メニュー

南宇和高生加工

「愛南ゴールド」のマーマレード 町内小中の給食で好評

2021年1月31日(日)(愛媛新聞)

南宇和高校のマーマレードを使った鶏肉給食を食べる長月小児童

南宇和高校のマーマレードを使った鶏肉給食を食べる長月小児童

「鶏肉の南高マーマレード焼き」(手前)が出た愛南町の給食

「鶏肉の南高マーマレード焼き」(手前)が出た愛南町の給食

南宇和高校のマーマレードを使った鶏肉給食を食べる長月小児童

南宇和高校のマーマレードを使った鶏肉給食を食べる長月小児童

「鶏肉の南高マーマレード焼き」(手前)が出た愛南町の給食

「鶏肉の南高マーマレード焼き」(手前)が出た愛南町の給食

 学校給食週間(24~30日)に合わせ、愛媛県愛南町内の小中学校給食で27日、南宇和高校(同町御荘平城)が手がけた愛南町特産河内晩かん「愛南ゴールド」のマーマレードを使った献立が登場した。子どもたちは特別メニューをおいしそうにほおばり、高校生らは新しい特産品の提供方法に手応えを感じていた。

 

 メニュー名は「鶏肉の南高マーマレード焼き」で、使用したのは南宇和高校の生徒が自ら育てた愛南ゴールドの皮と果肉を約9時間煮詰めたマーマレード。2019年に開催された世界マーマレード大会で入賞した逸品だ。町給食センターが鶏肉の下味とタレ両方にマーマレードをふんだんに使い、オレンジ色のツヤを帯びた鶏肉料理に仕上げた。

 

 長月小学校(同町御荘長月)では、南宇和高生が作り方の工夫などを説明し、児童と一緒に給食を食べた。

 

 5年生の女子児童(11)は「愛南ゴールドの酸味が感じられておいしい」とあっという間にたいらげた。農業科1年の女子生徒(16)は「スイーツ以外でも料理に使ってもらえ、愛南ゴールドを知らなかった人に届けられる幅が広がりうれしい」と話していた。

 

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。