愛媛新聞ONLINE

2021
39日()

新聞購読
新規登録
メニュー

夢への一歩を踏み出す

将来は大衆演劇の座長に 川内淑礼ちゃん 松山劇場で舞台

2021年1月28日(木)(愛媛新聞)

舞台上で優美に舞う川内淑礼ちゃん=松山市湊町3丁目の松山劇場

舞台上で優美に舞う川内淑礼ちゃん=松山市湊町3丁目の松山劇場

 「将来は大衆演劇の座長になりたい」との思いを胸に日々稽古に励む松山市在住の川内淑礼(すみれ)ちゃん(6)が同市湊町3丁目の松山劇場で舞台に立ち、夢への一歩を踏み出した。

 

 淑礼ちゃんは大衆演劇ファンの祖母や母の影響で、生後間もないころから観劇。昨年、市内在住の舞踊家・空夢(そう)に弟子入りし、日本舞踊などを習う。

 

 劇場の常連客や公演中の劇団神龍(澤村神龍座長)の協力でゲスト出演した。2019年11月に他界した祖母・伊藤勝美さんが好きだったという「お梶」や、人気曲「千本桜」を優美に舞い、観客を魅了した。

 

 師の空夢は「すべて彼女自身が振り付けしている。丁寧で艶があり、どきっとするほど。これからが楽しみ」と目を細めた。淑礼ちゃんは「緊張したけれどうれしかった。お芝居もしてみたいし、稽古もがんばります」と意気込んだ。

 

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。